オフィスレイアウトにかかる費用について

  • オフィスレイアウトにかかる費用の種類と相場について

    • オフィスレイアウトの費用は、オフィス用品の購入や作業費費等と様々な形で必要になります。



      新しくオフィスを作る際も、移転やリフォームをする場合も、オフィスレイアウトの費用は事前に見積もって慎重に検討する事が大切です。


      ここでは、オフィスレイアウトの費用として代表的な物の種類と相場を紹介していきます。
      まず、備品の調達は必要不可欠な要素です。

      goo ニュースに関する情報です。

      例えば、仕事中にずっと立ったままではいられませんから、オフィスチェアが必要になるでしょう。

      オフィスチェアの価格はグレードによりけりで、アームレストがついていて背もたれも高く、首を支える為の機構もついていると、数万~10万台といった価格帯の物もあります。



      オフィスチェアを購入するなら作業員の数だけ必要になりますし、チェアがあるなら作業台となるデスクも入用です。

      用途に応じて適切な備品を選ぶ事で、働きやすく快適なオフィスになります。作業費としては、オフィス作りに必要な作業全般に支払うお金が必要です。
      例えば、オフィスの移転に伴った作業として行うのなら、オフィスレイアウトの費用に引越しの手数料も含めておきましょう。

      車両の調達や搬入に必要な養生の資材、休日の引越しなら割り増しの料金になる点にも注意です。電気や電話、インターネット等のインフラ工事もありますし、移転元で処分する古い備品の処理にも廃棄料金がかかります。

      仮に、移転先のオフィス向けに配線工事をする場合は、人数分のインフラを整える形になります。5名の従業員で1名あたり5万円のお金がかかる場合は15万円が必要です。
      オフィスチェアのように人数分の工事が必要な工事もあると覚えておく事も、オフィスレイアウトの費用を検討する際の参考になります。


top